【巨人】2018→2019契約更改まとめ。坂本5億!FA組の年俸は!?

丸、炭谷、中島、岩隈……そしてやっぱり上原も。

今年の巨人はかなりバグってる。いや、これが本来の巨人なのか?

原さんの復帰で、由伸政権の色を完全に塗りつぶすような補強に次ぐ補強。

巨人の顔、坂本の年俸や、FA組の年俸をまとめた。

契約更改・各選手の年俸は?

坂本

契約更改の結果が続々と発表されているが、今年は特に注目。

まるで優勝チームのような年俸アップに驚き。来年の巨人はこれで優勝できなきゃ恥ずかしいレベルの補強を繰り返している。

各選手の年俸はどう変わったのか?

投手陣一覧

支配下の投手の契約更改による年俸の変動をまとめる。

投手陣では、田原が一時契約更改を保留するなど珍しい出来事もあった。

気になった選手には一言コメントも。

Sponsored Link

山口俊 2億3000万

去年は色々やらかした山口俊だが、今年はノーヒッターとなるなど、なかなかの活躍。

後半はクローザーに配置転換されたが、来年は先発として計算されるか。

野上 1億5000万

複数年契約のため、変動なし。1億5000万の投手にしては物足りない成績だった。

澤村 1億2150万(▼2850万)

昨年の登板ナシから復帰した沢村だったが、2850万ダウン。

ヤングマン 1億1400万(△3100)

怪我があったとはいえ、3勝で3100万アップとはどういうことか……

内海 1億

今季、やや復調を見せた内海は現状維持。

1億の年俸なら、プロテクト漏れしたとしても獲得される可能性は低いだろう。

プロテクト漏れした上に西武へ人的補償で移籍。ごめんなさい。

森福 8400万?(▼3600)

スポーツ報知では、1億から3300万ダウンの7700万と記されている。どちらにしても高すぎるが。

田口 7500万円(▼1500万)

順調に年俸を上げてきた田口も今年は足踏み。CSで復調の兆しを見せ、来季に期待。

宮國 2640万(△240万)

まだまだ上がるポテンシャルはあるはず。と思いたい。

大竹 2625万(▼2625万)

年俸半減という憂き目にあってしまった我らがラーメン王子。人的補償要員となってしまうのか。

今村 2600万(△1300万)

1軍定着が評価されてアップ。FA組が情けない。

畠 1920万(▼480万)

怪我で出遅れたため、年俸ダウン。来季に期待。

中川 1900万(△340)

鍬原 1650万(△150万)

微増。ドラ1投手として来季はもう少し頑張ってほしい。

戸根 1500万(▼500万)

4年目にして初の1軍登板ナシ。

谷岡 1500万(△660万)

田原 3600万

一時、契約更改を保留していた田原。現状維持で話がついた模様。巨人ではレアケース。

桜井 1000万(▼200)

残念でもないし当然。

アダメス 910万(△290万)

課題のコントロールをなんとかできれば、さらなる年俸アップも期待できる投手。

メルセデス 860万(△590)

シーズン中盤から、ローテーションの一角として実力を示したC.C.メルセデス。
2年目のジンクスを吹き飛ばせば、ベンツ購入も見えてくるか。

高田 680万(△160万)

2軍で大活躍。しかし2軍でどれだけ成績を残しても160万しかアップしないというリアル。来季に期待。

大江 560万(△60万)

高田と共に2軍のホープ。

高木 500万(△80万)

なぜアップしている笑

野手陣一覧

丸グータッチ
野手陣でやはり気になるのは丸、炭谷の年俸と、それに対して主力選手であった坂本らの年俸がどうなるのか。

丸と契約することで、坂本や岡本の年俸がどうなるのかが注目だ。

坂本 5億(△1億5000万)

1億5000万アップ。打率.345のキャリアハイを達成し、丸の年俸4.5億を考えるとこの金額は妥当か。

丸 4億5000万

+出来高。ホントに、今年の巨人は優勝したのか?というくらいの大盤振る舞い。

もちろん、丸はこの年俸に見合う以上の結果を残してきた選手。巨人でキャリアハイを達成してもらいたい。

陽 3億

今シーズンも怪我での離脱があったのが残念。

3億円プレイヤーだが、実は1度も打率3割を達成していない。ここぞの場面での一発や勝負強さは魅力。

丸の加入でセンターは奪われそうだが、ライトで起用されるのだろうか?

長野 2億2000万(△3000万)

高額年俸も。人的補償で広島へ。涙も出ない。

阿部 1億6000万(▼5000万)

5000万も下がるほどの印象はないが、1億6000万の成績かと言われると……

チームの功労者、ベテラン選手の年俸査定は難しいだろうなあ。

炭谷 1億5000万(西武→巨人 △4000万)

炭谷に1億5000万。なんということだ……

パの選手なのでそこまで良いイメージがないのか、そもそも億越えプレイヤーだったことに驚き。

中島 1億5000万(オリックス→巨人 ▼2億)

元メジャーリーガー……ではない。海は渡ったが、色々と残念だった人。

WBCで原さんのハートを射止めていたのか、どういった成績を残すのか見もの。

岡本 8000万(△6800万)

大幅アップも当然の成績。来季もお願いします。

亀井 7000万(△1800万)

切り札的存在だった亀井だが、終盤はレギュラーを任されていたので当然のアップ。

安心と信頼の亀井さんだが、丸の加入で来年はベンチへ戻るのか、ライトで起用されるのか。

小林 6000万(△600)

世界のコバヤシ……ラッキーボーイ……様々な異名と魅力を持つ男。小林誠司。

もし、春先のまま打率3割をキープしていたら……ゆくゆくは1億円プレイヤーも夢ではなかったのに。

炭谷の加入、阿部の捕手復帰で、小林の受難は続く。

吉川尚 2800万(△1500万)

怪我さえなければ、二塁手レギュラー確実だったかもしれない男。

1500万アップはかなり評価されていると見える。どうか来年こそは。

山本 1850万(△50万)

徐々に存在感を発揮している期待の内野手。ルックスも巨人らしく端正。

人的補償要員とならないことを祈る……が西武は投手を狙っているようなので心配無用か。

吉川大 1800万(△440万)

貴重な便利屋としての地位を確立。背番号も00に代わり、寺内の後を継ぐ存在となりそう。

石川 2100万(▼400万)

今季は不発弾となってしまったダイナマイト慎吾。

おっちゃん達からレギュラーを奪えるのか?言ったからには頑張ってもらいたい。

重信 2500万(△100万)

一時は、覚醒を思わせるバッティングを見せていたが、失速。

丸加入で向かい風はさらに厳しくなったが……積み上げるしかない、1安打ずつ。

田中俊 1600万(△800万)

吉川尚離脱後に一気に存在感を示した。ポストシーズンでも結果を出し、800万アップの高評価。

来季もセカンドのレギュラー争いの筆頭となるだろう。

大城 2000万(△1000万)

彗星の如く小林を脅かしたルーキー。

打撃に定評があるものの、飽くまで、“捕手としての打撃に”なのだが、ファーストにコンバートされて大丈夫だろうか?

宇佐見 1600万(▼100万)

昨年は阿部2世と言われるほどの打撃センスを見せつけたものの、マスクを被りだした今季はバットが唸ることはなかった。

100万ダウンで大城に抜かれた上に、炭谷の加入。このまま埋もれてしまうのか?

岸田 1000万(▼200)

マルティネス 830万(△300万)

パンチ力はあるものの、確実性に欠ける打撃。来年は出番が無さそうではある。

田中貴 540万(△100万)

2軍での活躍は評価されている模様。だけど、もうキャッチャー飽和状態だから……

個人的には好きな選手なので頑張ってほしい。

Sponsored Link


契約更改で特に注目すべき選手は?

大竹寛

原の帰還で、まるで別のチームのように選手も年俸も変動。

今年の契約更改で特に注目すべき選手をまとめた。

坂本勇人は5億!!

日本プロ野球史上13人目となる5億円プレイヤーとなった坂本。

今までの巨人への貢献度や、成績を鑑みれば当然の金額か。

イチローや松井が5億円プレイヤーとなったのが、もう20年も前になるのかと思うと、時代の流れを感じる。

来季の目標は打率.330、ホームラン25本、ゴールデングラブ賞とのこと。個人的には3000本安打達成のため、守備負担の高いショートは引退してほしいが……

菅野智之の年俸は?

菅野の年俸は現在、4億5000万。

2年連続の沢村賞に輝いた球界最高峰投手は、もちろん5億を超えてくるだろう。

巨人が総年俸でソフトバンクを上回る日も近いのでは?

3割30本100打点の岡本はどうなる?

3割30本100打点の最年少記録を達成した岡本の年俸は、現在1200万。

年俸1200万の選手がこの成績を残すと誰が予想できただろうか……

数字だけを見れば、巨人なら3億、4億のプレイヤーだが、未だ1軍での実績は今年のみ。

来年、再来年とこの成績を維持できれば、坂本の次に野手として5億円プレイヤーとなれる逸材である。

【契約更改で6800万アップの8000万でサインとなった】

大幅ダウンの大竹寛。人的補償となるのか?

5300万から、2650万へと年俸半減を喰らったラーメン王子大竹。

通算100勝まであと少し、まだまだ現役を続けてほしいところだが、この年俸削減で人的補償要員となる可能性もでてきた。

広島の補強ポイントはサウスポー、ということを考えると広島出戻りは無さそうだが、投手獲得を目指す西武の人的補償となってしまうかもしれない。

まとめ

今年の巨人は、兎にも角にも優勝を狙った大幅補強。

多くの選手が背番号も変更し、まるで別チーム。由伸巨人の面影はもはやない。

岡本など、まだ契約更改が終わっていない選手もいる。今後の巨人の動きにはまだまだ注目だ。

 

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ