【巨人VSロッテ】1軍復帰の上原登板も……投手陣崩壊【3月23日試合結果】

東京ドームで行われた巨人VS千葉ロッテのオープン戦は、5対8で千葉ロッテの勝利。

オープン戦ながら超満員の東京ドームで(現地まで行ったが立ち見すらできなかった)敗北を喫した。

1軍復帰の上原が登板するも、1回1失点。

さらには、登板した全投手が失点をするなど、投手陣が崩壊した。

試合結果概要

オープン戦調整登板巨人菅野

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 1 0 0 1 4 1 8 15 1
0 0 0 2 0 0 0 3 0 5 11 1

勝利投手/敗戦投手

【勝】種市篤暉(2勝1敗0S)

【負】ヤングマン(0勝1敗0S)

本塁打

【巨人】

  • 陽岱鋼 3号(4回裏2ラン)
  • 陽岱鋼 4号(8回裏3ラン)

【ロッテ】

  • バルガス 2号(2回表ソロ)
  • 清田育宏 1号(8回表2ラン)
  • バルガス 3号(8回表3ラン)

上原1軍復帰登板も、投手陣崩壊

3回1失点の菅野に代わり、4回からは上原が登板。球場は大いに盛り上がっていた。

中村、井上に連打を浴びていきなり失点するも、角中、レアード、バルガスを打ち取る。

上原はこの回のみで降板、後続のヤングマンは3回1失点。

続く吉川光夫が2ホーマーを浴び、4失点。開幕ローテがかなり怪しくなってしまった。

最後に登板したクックも、ヒットとデッドボールで無死満塁を作ってしまい1失点。

計8失点という投壊ぶりを見せた。

5回からは小林に代わり炭谷がマスクをかぶっていたが、この調子だと開幕スタメンはスガコバコンビになりそうだ。

陽が2本塁打5打点の大爆発!

野手陣のほうは、陽が2本塁打5打点の大活躍。

この試合の全打点を叩き出した。

ミドルヒッターの印象が強い陽だが、ここ最近パワーに磨きがかかっているような気がする。

この際、打率3割よりもホームラン20本を目指すほうが面白いかもしれない。

最終回には、代打の石川慎吾が出塁、ビヤヌエバがデッドボールを受け、さらに代打の大城がヒット。

ノーアウト満塁で丸という絶好のサヨナラチャンスを生み出すが、レフトフライでアウト。

続く四番の岡本は芸術的ゲッツーで試合終了。主軸が結果を出せず敗戦してしまった。

まとめ

菅野登板も相変わらずの一発病で失点してしまい、上原もまだ調整段階といったところか。
それにしても全投手失点はいただけない。

前回の試合で若手投手が力投を見せていただけに、今回の吉川光夫の炎上にはがっかりだ。

打線は陽が5打点と気を吐いたものの、最終回に無視満塁でクリーナップが凡退するという寂しい試合結果となってしまった。

明日はオープン戦最終試合。なんとか勝って開幕戦へ勢いをつけてほしい。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ