【巨人VSロッテ】オープン戦最終試合、3ホーマーが飛び出し快勝!【3月24日試合結果】

東京ドームで行われた巨人VS千葉ロッテのオープン戦(最終試合)は、6対4で巨人の勝利。

開幕戦へ向けて、良い形でオープン戦を終えることができた。

先発今村は3回1失点。5回から登板した宮國は2回投げてパーフェクトリリーフ、中継ぎエースとしての期待が高まる。

打っては陽が3試合連続となる5号ソロホームラン。丸にも待望の1発が出た。

試合結果概要

丸に待望の1発

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 3 0 0 0 0 0 4 9 0
1 1 0 2 0 0 2 0 × 6 10 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】上原浩治(1勝0敗0S)

【負】東条大樹(0勝1敗1S)

【S】クック(0勝0敗1S)

本塁打

【巨人】

  • 陽岱鋼 5号(2回裏ソロ)
  • ビヤヌエバ 1号(4回裏2ラン)
  • 丸佳浩 1号(7回裏ソロ)

【ロッテ】

  • なし

陽、ビヤ、丸にホームラン!陽は3試合連続

陽岱鋼、ビヤヌエバ、丸にホームランが飛び出す。

ビヤヌエバ、丸はオープン戦初ホームラン。

陽岱鋼は、なんと3試合連続アーチ。絶好調ぶりを見せつけた。

これでおそらく開幕スタメンは確定だろう。

ビヤもようやく1発が出たが、それ以外の打席では凡退。オープン戦での打率は.195とアピール不足。

外野陣はレフト・ゲレーロ、センター・丸、ライト・陽が濃厚か。

また、大城がスタメンマスクをかぶり、3打数2安打のマルチヒット。

オープン戦打率はなんと.409。今シーズンは確実に、炭谷・小林を脅かす存在になるだろう。

宮國がパーフェクトリリーフ!中継ぎエースに君臨か

投手陣では、5回から登板した宮國がパーフェクトリリーフ。

今年こそはと言われてきたホープだが、今年こそは「今年こそは」で終わらない活躍を期待したい。

4回に登板した坂本工宜(こうき)は、昨年育成から支配下に登録された3年目の若手投手。

ここまでおーぷんせん4試合に登板し無失点だったのだが、今日の3失点は痛恨の一撃だろう。

上原は7回に登板し無失点。坂本勇人の勝ち越し犠牲フライにより、勝利投手となった。

まとめ

オープン戦最終戦にして、収穫の多い試合だった。

最後に丸に一発が出たのは一安心。無論、打率は.344と文句なしの成績ではあるが。

陽岱鋼は絶好調。怪我無くシーズンを送ってもらいたい。

ビヤヌエバも意地を見せたが、開幕スタメンは厳しそうだ。

外国人枠は、メルセデス、ヤングマン、クック、ゲレーロの4人で決まりだろう。

宮國は中継ぎエースとして期待できる。上原もこの調子なら1軍でしばらくは起用されるだろう。

捕手争いでは大城の猛アピールが印象的。阿部のような打てる捕手誕生も近いか?

今週末はいよいよ開幕戦だ!鬼門マツダスタジアムで勝利を!ビバジャイアンツ!!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ