【巨人VSDeNA】菅野が魂の完投!今季初白星を飾る!【4月5日試合結果】

横浜スタジアムで行われた巨人VSDeNA戦は、3対2で巨人の勝利!

菅野が魂の完投で今季初白星。

8回9回のピッチングは圧巻の一言。菅野が意地を見せた。

打線は今日もホームラン攻勢。丸が通算150本塁打を放った。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

巨人丸通算150号

巨人丸が通算150本塁打@hochi_giants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 9 0
De 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】菅野智之(1勝1敗0S)

【負】今永昇太(1勝1敗0S)

本塁打

【巨人】

  • 坂本勇人 2号(1回表ソロ)
  • 丸佳浩 3号(1回表ソロ)
  • ゲレーロ 3号(7回表ソロ)

【巨人】

  • ソト 4号(1回裏ソロ)
  • 筒香嘉智 2号(1回裏ソロ)

Sponsored Link


菅野が魂の完投!今季初白星を飾る!

菅野が圧巻のピッチングを披露。魂の完投で今季初白星を飾った。

初回にソト、筒香に2者連続ホームランを浴びたが、その後は完璧なピッチング。

130球を投げてもなお152キロのストレートを投げる姿はまさに鬼神のごとき
これにはエモやんもご満悦だろう。

さすがは2年連続沢村賞投手。巨人の背番号18だ。

ちなみに、ここまで菅野が失点したのはすべてソロホームランのみ。

一発病は相変わらずだが、それ以外はもう文句なし!

8回9回には、神里・梶谷・ソト・筒香を4連続三振。強力DeNA打線を見事に抑えた。

巨人打線は3ホーマーもチャンスは活かせず

初回に坂本、丸の2者連続ホームラン。(丸は通算150号)
7回に決勝点となるゲレーロのバックスクリーン直撃弾が飛び出した。

しかし8回にはワンアウト満塁から岡本・ゲレーロがランナーを一人も返せず決定機を逃してしまった。

結果的に菅野が完璧に抑えたから良かったものの、あそこは最低でも1点は欲しかった。

ちなみに、吉川尚輝は開幕から7試合連続出塁。打率は.423と依然絶好調だ。

そして、オープン戦不調だった坂本も打率.440、2本塁打とさすがの成績を残している。

まとめ

菅野は凄いよ。さすが巨人の背番号18。

ほかにいるか130球なげてなお尻上がりに調子を上げてくるピッチャーが。

もう3年連続沢村賞もお願いします。

対して、DeNAの今永もいいピッチングだった。

ちょっと前の巨人なら、坂本さえ抑えれば勝てると思われていただろうが、今の巨人は違いますよ。

ああ大正義巨人。やっぱり巨人ファンはこういう巨人を観たかったんだよ。

これで6連勝。今年はこのまま独走で行こう!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ