【巨人VSDeNA】先発再転向の澤村、無念のKO!【4月6日試合結果】

横浜スタジアムで行われた4月6日の巨人VSDeNA戦は、2対9でDeNAの勝利

約5年ぶりの先発マウンドに上がった澤村は無残に敗戦投手となってしまった。

後続の中継ぎ陣も崩壊し、9失点の大敗。

打っては9安打も散発。打線が繋がらず今季2敗目。巨人の連勝は6でストップした。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 9 1
De 1 0 0 4 0 2 1 1 × 9 9 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】国吉祐樹(1勝0敗0S)

【負】澤村拓一(0勝1敗0S)

本塁打

【巨人】

  • なし

【巨人】

  • 筒香嘉智 3号(7回裏ソロ)

Sponsored Link


先発転向の澤村は3回4失点

巨人の注目は約5年ぶりに先発転向した澤村。

しかし、残念ながら3回を投げて4失点と先発再転向後の初登板は負けスタートとなってしまった。

3回まではストレートも常に150キロと走っており三振は2つ。

悪くないかなと思わせてくれたのだが4回に筒香・宮崎に連続フォアボールを与えたあとロペスにタイムリーを浴び自滅。

6回から登板した今村も3失点。その後も中継ぎ陣がポコポコ打たれて終わってみれば9失点と投壊していた。

代打阿部が初安打となる2塁打

打線のほうも今日はイマイチ……と言っても9安打もしているのだが、繋がりがなかった。

クリンナップの丸、岡本が1本も打てないと、やはり打線に勢いはつかないか。

吉川尚輝は相変わらず好調で、初回いきなりフォアボールで出塁し連続試合出塁を8とした。

9回には、代打で出場した阿部が今季初安打となる2塁打を放った。

<

まとめ

常に全力投球。剛球で打者をねじ伏せるかのようなピッチング。

僕らのマッスルミュージカル!澤村拓一が帰ってきた!!

と思わせてくれたのはいいものの、相変わらずのコントロールの悪さで自らピンチを招いて崩れ去ってしまった。

まぁ、まだ先発再転向1試合目なので多めにみよう。

しかし、澤村はクローザー志望だったところを、タツノリ再生工場で無理くり先発に再転向させられたという状況。

果たして上手くいくのかどうか。

宮國も未だにパッとしないし、とりま中継ぎの今村も打たれてしまった。

まだまだ手探り状態という感じだが、シーズンは始まったばかり。こういう日があってもしょうがないね。

明日の先発は畠。今シーズン初勝利を目指して頑張ってほしい。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ