【巨人VS中日】ビバ!ビヤヌエバ!やっぱり左キラーだった!【4月9日試合結果】

ナゴヤドームで行われた2019年4月9日の巨人VS中日戦は、3対1で巨人の辛勝

ビヤヌエバの来日初ホームラン&9回のとどめの一撃によりなんとか勝てたものの、17三振を奪われるなど打線はヒエヒエ。

先発のどすこい山口俊は7回1失点の好投。相変わらず中日戦に強い男だ。

これで巨人の連敗は2でストップ。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

来日初ホームランビヤ

来日初ホームランを放ったビヤヌエバ@hochi_giants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 1 0 0 0 0 0 1 3 6 1
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 9 1

勝利投手/敗戦投手

【勝】山口俊(2勝0敗0S)

【負】大野雄大(0勝1敗0S)

【S】クック(0勝0敗4S)

本塁打

【巨人】

  • ビヤヌエバ 1号(2回表ソロ)
  • ビヤヌエバ 2号(9回表ソロ)

【中日】

  • なし

Sponsored Link


巨人ビヤヌエバ来日初ホームラン!左キラーぶりを発揮

1点を先制された直後の2回、巨人ビヤヌエバが来日初ホームラン!

ここまで地味だった新助っ人がようやくメジャーのパワーを見せつけた。

9回表にもとどめの2号ホームランを放つなど大活躍!

打った相手は先発の大野、中継ぎのロドリゲス共に左投手。

ビヤはメジャーでも左投手に強く、昨年の対左の成績は、打率.336(38/113)でなんと14本塁打。

(対右の成績は、打率.189(45/238)、6本塁打。)

前評判通りの左キラーぶりを発揮した。

【巨人】新外国人ビヤヌエバの成績や年俸は?

6回表にはフォアボールで出塁したあと、小林のショートゴロの間に2塁へ突撃。

この突撃にコリジョンルールが適応され、ゲッツーに(守備妨害)。

なかなか珍しい状況になったが、ビヤからすれば(メジャーでは)わりと普通の走塁だったと言えるだろう。

まぁ、ここは日本だしね、慣れてもらうほかない。

どすこい山口俊が今季2勝目

投手陣では、先発のどすこいが7回1失点の力投で今季2勝目。

巨人では2勝一番乗りとなった。

昨年も中日相手にノーヒットノーランを達成するなど相性は◎。

今後も中日キラーとして山口俊先発時の中日戦は安心して観ていられそうだ。

セットアッパーとして8回に登板した吉川光夫も2安打されるも無失点に抑え、勝利の方程式に貢献。

9回にはクックが〆て4セーブ目。現在セーブ王となっている。

まとめ

ヒエヒエの打線の中で、ビヤヌエバが一人気を吐いたと言った感じの試合だった。

岡本は3タコ。やや心配だが、岡本のことだから大丈夫だろう。

今日(10日)の先発は、巨人メルセデス、中日ロメロで左投手対決。

ビヤヌエバには今日も左キラーぶりをいかんなく発揮してもらいたい。ビバ!ビヤヌエバ!

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ