【巨人VS中日】平成最後の珍事!!石川慎吾のダイナマイトが誤爆!?【4月30日試合結果】

東京ドームで行われた巨人VS中日戦は、1対3で中日の勝利

平成の巨人三本柱、槙原、斎藤、桑田が行う豪華始球式で始まった平成最後の公式戦だったが、珍事が起こる!?

今季初、2年ぶりの5番起用で燃える男・石川慎吾のダイナマイトが大爆発!!(誤爆)

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

巨人原監督ご立腹

ご立腹の原監督@hochi_giants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 6 1
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】大野雄大(2勝1敗0S)

【負】高橋優貴(2勝2敗0S)

鈴木博志(0勝1敗9S)

本塁打

【巨人】

  • なし

【中日】

  • 福田長将 3号(2回表3ラン)

Sponsored Link


平成最後の珍事!ダイナマイト誤爆!

巨人は1回の表、岡本に久々のタイムリーが出て先制。

なお一死、二塁の状況で打者は今季初、2年ぶりの5番スタメンに座ったダイナマイト慎吾こと石川慎吾。

9球を粘った後に放った石川の打球はレフトへ痛烈な当たり……しかし

中日の今季初出場の伊藤康がフェンスに激突しながらもこの打球を捕球……したかに見えたのだが、ボールはフェンスに当たってから伊藤のグラブに収まっていた。

一塁走者の岡本は、フライアウトと判断してしまい帰塁。

結果的に二塁フォースアウトとなり、石川慎吾の記録はフェンス直撃のレフトゴロ

慎吾のダイナマイトが誤爆する形となってしまった(謎)

一応この後、原監督が塁審の判定が遅かったのではないか?と抗議したものの覆ることはなかった。

試合後、原は「相手の素晴らしいプレーでしたね。」と伊藤康のプレーを称賛した。

高橋優貴は7回3失点の力投も四球に泣く

今季4登板目のルーキー高橋優貴は、7回104球を力投。

しかし、2回表は連続四球でランナーを二人出した後に福田に技ありの一発を浴び3失点。

今季2敗目を喫してしまった。

福田への投球は失投ではなかっただけに、前の連続四球がもったいなかった。

まだ1年目のルーキーに贅沢を言いすぎかもしれないが、この四球の課題を克服できれば新人王も見えてくるはずだ。

まとめ

平成が終わる。昭和の野球を知らない僕にとっては平成のプロ野球が全てだ。

巨人ファンでありながら、地元は中日ファンの多い三重だった僕にとっても、中日は因縁の相手。

その中日との平成最後の試合に負けてしまったのは悔しいが、まぁ、ダイナマイト慎吾の珍プレーが見れたから良しとしよう。

槙原、斎藤、桑田……松井、清原、高橋由伸……未だに僕の記憶に鮮明に残っているのは平成のスターたち。

そんな平成も終わる。令和のエース、令和の怪物と呼ばれるような選手が原巨人から生まれてくるのか?あたらしい時代が楽しみだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ