【巨人VS中日】令和第1号ホームラン坂本!菅野1000奪三振を達成!【5月1日試合結果】

東京ドームで行われた巨人VS中日戦は、5対1で巨人の勝利!

坂本が令和第1号となる2ランホームラン!

菅野はNPB史上148人目となる通算1000奪三振を達成し、令和初完投勝利!

記念すべき令和の第1戦は記録づくめの試合となった。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

令和の大エース

通算1000奪三振を達成した巨人菅野@hochi_giants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0
4 1 0 0 0 0 0 0 0 5 11 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】菅野智之(4勝2敗0S)

【負】山井大介(2勝2敗0S)

本塁打

【巨人】

  • 坂本勇人 8号(2回裏ソロ)

【中日】

  • なし

Sponsored Link


巨人・坂本、令和第1号ホームラン!

令和第1号ホームランの坂本

令和第1号ホームランを放った巨人坂本@hochi_giants

巨人は4点リードの2回裏、坂本の令和第1号となるソロホームランでリードを広げた。

ちなみに、平成第1号ホームランを放ったのは巨人現監督の原辰徳。

節目のホームランを巨人の選手が決めているのはさすがの一言。まさに球界の盟主ですわ。

その原監督は坂本に対して

辰徳節を炸裂させた。お目玉って(笑)

巨人・菅野が通算1000奪三振を達成!

前回登板、神宮でノックアウトされてしまった菅野だったが、今日は序盤から絶好調。

7回に中日・平田を空振り三振に打ち取り、NPB史上148人目となる通算100奪三振を達成した

9回に1失点を喫してしまったものの、見事完投勝利で令和初勝利投手となった。

本人は完封にこだわっていたために、試合終了後は悔しい表情を見せていたが見事な完投勝利だった。

まとめ

昨日の悔しい敗戦を吹き飛ぶ快勝!(と言っても、3回以降幾度となくチャンスを潰してしまってはいたが……)

坂本の令和第1号、菅野の令和初勝利の他にも、亀井の令和初タイムリー、山本の令和初盗塁など記録づくめの試合となった。

いまの巨人の看板選手である2人が、令和最初の試合で錦を飾るというのは感慨深いものがある。

ヒーローインタビューでは2人とも「悔しい」という感情をあらわにしていたが、節目の記録的活躍でも満足できないその貪欲な精神も一流選手の証だろうか。

平成の大エースと呼ばれた斎藤雅樹のように、菅野が令和の大エースと呼ばれる日がくるかもしれない。

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ