【巨人VSヤクルト】G打線が止まらない!23安打19得点の大逆転勝利!!【5月10日試合結果】

東京ドームで行われた巨人VSヤクルト戦は、19対7で巨人の勝利!

巨人はヤングマンが早々にノックアウトされ0-5で迎えた4回裏、亀井のタイムリーや田中俊太の犠牲フライ、相手のエラーなどで同点に追いつく。

5回裏には岡本、亀井の奈良県人コンビ連続ホームランなどで勝ち越しに成功。

その後も田中俊太のグランドスラムが飛び出すなど、終わってみれば23安打19得点を挙げた。

Sponsored Link

巨人戦試合結果概要

巨人ヒーローインタビュー

ヒーローインタビュー、ホームランを放った3人@hochi_gaiants

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 0 3 0 1 1 0 0 7 7 1
0 0 0 5 5 0 8 1 × 19 23 0

勝利投手/敗戦投手

【勝】野上亮磨(1勝1敗1S)

【負】小川泰弘(1勝4敗0S)

本塁打

【巨人】

  • 岡本和真 8号(5回裏ソロ)
  • 亀井善行 4号(5回裏ソロ)
  • 田中俊太 2号(7回裏満塁)

【中日】

  • 西浦直亨 4号(2回表2ラン)
  • 渡辺大樹 1号(6回表ソロ)
  • 山田哲人 9号(7回表ソロ)

Sponsored Link


坂本が開幕から34試合連続出塁で球団新記録を樹立!

初回、1アウトランナー無しから坂本がセンター前へヒットを放ち、開幕から34試合連続出塁を記録。

1977年の王貞治が記録した開幕から33試合連続出塁を破った。

開幕からの連続出塁記録は、セリーグでは金本(広島時代)の持つ35に次いで2位。

2リーグ制以降の最長出塁記録は、スティーブ(西部)の40。

坂本なら史上最長記録更新も可能かもしれない。

巨人5年ぶりの20安打以上!

岡本に久々の本塁打が飛び出し、続く亀井も連続本塁打。

石川慎吾のダイナマイトがようやく爆発し、2打席連続タイムリー。

田中俊太は自身初、チームとしては今シーズン初のグランドスラムを放つなど、巨人打線が怒涛の攻撃。

巨人の20安打以上は実に5年ぶり。名実ともにV3時代の最強巨人が帰ってきたといったところだろうか。

まとめ

2試合連続での大逆転勝利。

巨人強すぎ。

ある他球団のファンがこう言っていた。

「巨人戦はボス戦だ。」

またこう言われるような日が戻ってきたのは嬉しい。

アンチ巨人上等。巨人はセリーグのボスキャラとして、立ちはだかるべき球団なのだ!

あなたにおすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

ページTOPへ